虫歯と名言

こんにちは♪

ピータードラッガーの名言集を友人に勧められていたので見てみました。
その中で気になったのは次の言葉です。

あらゆる活動において
「もし今日これを行っていなかったとして、
改めて行うか?」
を問わなければならない。答えが否であるなら、
「それでは、いかにして
一日も早くやめるか」
を問わなければならない。

いやあ~、これは本当にそうですよね。日々生きていてプライベートでも仕事でも普段の自分の行動を見直すという意味で、大変重要な問いかけかもしれないです。特にピータードラッガーは経営の視点から見ているので、スピード感も大切にしていますよね。モタモタしていたら、会社や組織なんて存続出来ないって言う訳でしょうから。そして家庭においては家庭崩壊って事でしょうからね。(笑)

それで、この言葉を自分に当てはめてみて考えると、

「今日患者さんの歯を削らなかったとしたら、明日患者さんの歯を削りたいか?と問われれば、答えはNOです。ということは、いかにして一日も早く削って、詰めて、お勘定経済から脱却するか?」こんな感じで私自身に問わなければならないという事ですね。

多くの方が虫歯が出来たら、歯医者に行って虫歯を治してもらおうと思っているかもしれませんが、私は自分には虫歯は治せるなんて思っていません。

この画像は以前にもご紹介させて頂いていますが、6歳の男児の初診時の口腔内の状態です。下も上も緑の丸印の部分は1年くらい前に他の歯科医院に行って神経を取って、銀歯を被せて虫歯を治しましたが、ちょっと前にポロっと銀歯が取れて来院されました。もうこの残根状態だったら、あとは抜く以外に治療方法は有りません。

しかしながら、幸か不幸か反対側の歯の間には上下とも虫歯が有りましたが、この男の子も歯医者さんが嫌になって、治療を逃れ削らなかったので歯の原型を留めています。私は「早期発見早期治療」がベストな選択というのは、幻想なんじゃないか?と思う様なこんな症例を沢山経験してきました。

よく私は虫歯を進行させない為には、食生活に気をつけお口の中の環境を改善する事が重要と医院でお話します。そして、更にこういった症例を沢山見るにつけ、歯医者はなるべく手を加えすぎないという、条件を頭の中に付け加えてきました。

だから、虫歯を進行させない為には食生活が重要で、それには歯医者で治療を受けないっていう選択肢もある訳なんです。

いずれにしろ、「虫歯になった。歯医者に行って治してもらおう!」では、根本的な解決にはほど遠いという事です。それじゃ子供達の歯を削って詰めてお勘定する以外の、根本的な虫歯の解決方法は?と言うと、おやつを手作りする事です。でも私のイメージする手作りとは、ケーキを焼いたりする等の手作りでなく、庭で果樹を育てる事です。子供達が学校から帰ってきたときにおやつは?と、聞くまでもなく庭やコミュニティーに植えられている今の季節ならみかんや柿を食べるなんてちょっと良いとは思いませんか?添加物だらけだったり、遺伝子組み換え作物で作られたお菓子を食べさせる事と較べてみて下さい。さて、そういうお菓子と生きたビタミンやミネラルや酵素を含んだ果物ではどちらが栄養価が豊富なスナックでしょうか?

良かったら皆様も庭で果樹を育ててみて下さい。

我が家も畑に植えていた果樹を今度移植するパーマブリッツを計画をしています。

そして、たまたま同じホームページに載っていた、ウィンストン・チャーチルの次の言葉も目に留まりました。

人は得るもので生計を立て、与えるもので人生を築く。

(ウィンストン・チャーチル)

う~ん。中々上手い事言いますね。実は本日コーチングのセッションを受けたのですが、この言葉に書いて有る事がテーマになりました。というのも、私はまだまだお金にまつわるメンタルブロックが完全に外せなく、苦しんでいました。

でも今日のセッションのお蔭で、メンタルブロックが完全に外せました。これでお金を手放すときには、罪悪感や、不公平感、ある種の執着を感じるのではなく、心からの喜びと感謝の気持ちを載せてお金を支払う事が出来そうです。実はここ最近、頭では感謝の気持ちでお金を手放さなきゃと、理解をしていましたが、心が付いて行かずに苦しんでいました。でも今回潜在意識から、お金も元はと言えば、光のエネルギーというビジョンのメッセージを貰いました。お金=光のエネルギーこんなイメージがいつも心の中にあれば、お金を使う時のネガティブな感情とは決別できそうですし、与えるもので人生を築くと言う新たな境地に入って行けそうです!!コーチングって中々凄いですね!

それでは良い週末をお過ごしくださいませ!

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ