虫歯予防に日光浴

こんばんは

今日はまた一つ歯医者の仕事を減らすアドバイスを見つけちゃいました。
それは虫歯予防に関してなんですが、多分歯医者さんに行ってそういうアドバイスをもらったことがある方はそんなにいなじゃないかと思います。歯学部でもそんな事は教わりませんし。

それは「虫歯の予防と治療には日光浴をしよう!」です。


どうです?日光浴ならただ(無料)だし、セルフケア出来るのだから痛い思いをしてマネーカルトの手先の歯医者の所に行って治療をする前に、日光浴を試してみたくないですか?私もこれからは日光浴も虫歯治療と予防の指導項目に加えようと思います♪
これって唐突の話に聞こえたかもしれませんが、骨粗鬆症の予防に日光浴が良いと聞いたことが有りますよね。それはニュースにもなっています。

(転載開始)

 ファイザー(東京都渋谷区)が、30歳以上の女性を対象に骨粗鬆(こつそしょう)症に対する意識・実態調査を実施したところ、予防に必要とされる1日30分以上の運動を約8割が行っていなかった。日光に当たる時間が1日30分に満たない女性も6割いた。

 調査は9月末、インターネットで、30歳以上の閉経前の女性500人と閉経後の女性500人に行った。

 それによると、骨を丈夫にするためには1日30分以上の運動が有効だが、25・7%が「30分未満」、53・8%が「ほぼ行っていない」と回答。特に閉経前女性の運動不足が目立ち、83・4%に上った。

 日光浴が骨の形成を促すことを「知っている」「聞いたことはある」割合は計79・3%だが、日光に当たる時間が30分に満たない人が58・3%に達した。

 骨粗鬆症の治療はしていない、閉経後の女性250人のうち、骨密度測定などの検査を受けたことがない人は48%。その理由(複数回答)は、「必要性を感じなかった」(47・5%)、「気になる症状がなかった」(39・2%)、「どこで検査ができるか分からなかった、機会がなかった」(34・2%)などだった。

 閉経後は、女性ホルモン(エストロゲン)の減少で、骨粗鬆症のリスクが高まる。しかし、初期には自覚症状がないため、背が縮んだり、骨折したりしてから気づくことも多いという。

(転載終了)

ほらね、骨粗鬆症には日光に当たることが重要ってニュースで言っているでしょ。基本的に骨を丈夫にする方法と歯を丈夫にする方法は同じホルモンの支配を受けているので私は全く同じ事だと考えています。ではなぜ日光に当たることが重要なのかと言うと、秘密は日光を浴びると体内でコレステロールから、ビタミンDが合成されることに有ります。

ウィキペディアの日光浴の項目にはこんな記載があります。

  1. 人体の骨や歯の形成に必要なビタミンDは太陽光を浴びることで紫外線コレステロールを変化させる事でおよそ必要な分のビタミンDの半分の量をまかなっている(残り半分は食べ物から得られている)ビタミンDが不足すると骨や歯が弱くなったり疲れやすくなったりする。ヒトにおいては、午前10時から午後3時の日光で、少なくとも週に2回、5分から30分の間、日焼け止めクリームなしで、顔、手足、背中への日光浴で、十分な量のビタミンDが体内で生合成される[2][3]

さてそれでは、なぜビタミンD(Aも)が虫歯の治療や予防に効果的なのかについて、ホルモンとの関係性から説明している部分がありましたので、「虫歯を治そう」からまた一部抜粋してご紹介します。

但しこの本文中にはビタミンDとAの食事による補給方法が書いてあり、ビタミンDの補給源には動物性の脂肪やレバーがベストで、ビタミンAの補給源は植物性に含まれるカロチンよりも動物性のレチノールが良いとしています。しかしながら、個人的には最初に書いたようにビタミンDは日光浴で合成されるし、ビタミンAもカロチンから合成されるので、動物性食品から摂取する必要はないと考えています。

虫歯を治そう(ラミエル・ナゲル)
Cure Tooth Decay by Ramiel Nagel

http://www.curetoothdecay.com/

ホルモンと虫歯

 

歯科医師のメルヴィン・ページはホルモン、腺、虫歯の間の関係について特筆すべき業績を残しました。ページ博士は虫歯や歯周病は内分泌腺(ホルモンの分泌腺)がバランスを失うことで発生することを発見しました。ステインマン博士は虫歯は腺組織のメカニズムによって発生することを証明しました。だから、虫歯の予防のために腺組織を健康に保つ事は理にかなっています。

 

脳下垂体

ページ博士はマスター腺として知られる脳下垂体(産生するホルモンに基づいて2つの部位にわかれている)の機能の重要性を認識していました。それは前脳下垂体と後脳下垂体に分かれています。後脳下垂体の働きの一つは血糖値をコントロールするすい臓と交信し働くことです。慢性的に血糖値のコントロールが乱れると、虫歯や歯周病になってしまいます。もし後脳下垂体が血糖値を適正にコントロール出来なければ、生化学的な不均衡が起こり骨からリンを溶出させてしまいます。後下垂体の機能的な欠陥の主要な原因は白砂糖です。

 

歯周病は前脳下垂体の活動性が過剰になることです。前脳下垂体の働きの一つは成長ホルモンを産生することです。この腺はテストステロン若しくはエストロゲンによってバランスを保っています。それで成長ホルモンの欠乏は歯周病と密接な関係があるのです。

甲状腺

 

甲状腺は前脳下垂体によって調整されています。甲状腺と前脳下垂体の関係を無視した甲状腺の治療が上手く行かない事がしばしばあります。甲状腺は血中カルシウム濃度を維持する働きをする為、甲状腺の機能障害もまた虫歯と歯周病の原因の一つです。甲状腺の機能を回復する為には前脳下垂体に注目する必要があります。甲状腺に影響を与える薬を摂取している人は重度の虫歯を抱えている可能性があります。

 

性腺

 

過剰なテストステロンは歯肉の炎症や血中リン濃度の上昇と関連性があります。過剰なエストロゲンもまた歯肉の炎症の原因です。

 

腺機能のバランスを取る

 

避妊ピルやその他の毒性ストレス因子のある投薬は、単独或いは複数の腺の役割に重大な影響を与え、虫歯の感受性を上げます。逆に、腺の健康をサポートすることで早く虫歯から回復することが出来ます。これらの重要な腺を調整しバランスを取ると、耳下腺が健全に機能するので歯の再石灰化も促進されます。もし腺の機能のバランスを欠いていたり、腺の機能に影響を及ぼす薬を服用している時は、食事以外の治療を検討する必要があるでしょう。

 

特に、ハーブ療法、腺補完治療、アーユルベーダの様な伝統的治療、チベット医学や鍼を含めた中医学等も優れた術者を見つけることが出来れば、腺の健康と強化に大いに役立つでしょう。

 

ビタミンDの魔法

 

リン カルシウム、全てのホルモンは共通する何かを持っています。それらは脂溶性のビタミンDを必要とします。脂溶性のビタミンDはビタミンと言うよりはホルモンだと考えられています。これは奇妙な事に聞こえますが、我々の体が発達する為にはホルモンが必要なのです。脂溶性のビタミンDはカルシウムとリンの血中比率のバランスを取り虫歯を防ぐためには必要不可欠です。

 

イギリスの内科医で教授のエドワード・メランビィーはビタミンDを発見した事で有名です。彼と妻のメイ・メランビィーは動物と人で、何十年も継続して食事と虫歯についての研究を行いました。

 

メランビィーの記述:

骨と歯を強く石灰化しておくために最も重要な因子はビタミンDです。細胞がカルシウムとリンを骨の中に堆積する役割を担っているオステオカルシンを産生する為にはビタミンADが必要です。「現代人は脂溶性ビタミンが非常に乏しい食事をしている為、虫歯に悩まされている」と、プライス博士は言いました。これらのビタミンを食事に単に加える事で多くの人の虫歯は治療できます。

 

ビタミンDのチャートをもう一度見て、重要な点をおさらいしましょう。海産物はビタミンDの供給源としてとても優れています。でも海産物が簡単に手に入らないようであれば、ラードはビタミンDの供給源として良いでしょう。しかしながら、食事の実験ではベーコンの脂は牛脂(牛の脂肪沈殿物から取った牛脂)と同じような虫歯予防の効果を示しませんでした。発酵した鱈の肝油は最も多くの脂溶性のビタミンDを含んでいます。菜食主義者であれば、ちょうど良い量のバターと鶏卵を摂取すると充分な脂溶性のビタミンDが摂取できるでしょう。

 

ビタミンAの重要性

 

水溶性の栄養素であるカロチンは本当のビタミンAではありません。カロチンは人参、柑橘類、みどりの野菜等に含まれています。脂溶性のビタミンAはレチノールで動物性の脂肪にのみ含まれています。身体が健康であれば、複雑な過程を経てカロチンをレチノールに変換できます。体内中の脂溶性のビタミンAはカロチンから合成する事も可能だが、本当のビタミンAの摂取量の1020倍の量のカロチンが必要となります。

 

ビタミンAは脂溶性の混合物で、骨の成長、生殖、細胞の分化、出生前の発達と細胞の分化に関して重要な役割を担っています。ビタミンAは骨の健康にとって重要で、ビタミンDと協調して骨の成長の促進と調整をしています。ビタミンAは血清カルシウムを低下させます。ビタミンAは身体がカルシウムを利用する手助けをしています。ビタミンは骨や歯の成長と修復を促す成長因子です。

 

大量のビタミンAは体にとっては毒です。しかしながら、食事に十分なビタミンDが含まれていればビタミンAは何の副作用も起こしません。それで、もし大量の動物性のレバーを食べたならは、たくさん日光を浴びるかビタミンDを摂取すれば、ビタミンAの副作用を避けることが出来ます。このリストによれば、レバーが最も高濃度に脂溶性のビタミンAを含んだ供給源です。レバーが虫歯の治癒力の魔法を持つのは、高濃度にビタミンAを含んでいるからです。

(翻訳終了)

また更に詳しく知りたい場合はビタミンDと日光浴については翻訳者の為清 勝彦氏のHPに詳しく書かれています。

日光が皮膚がんの原因っておかしくない?

wake up Japanさんが字幕を付けてくれていますので、その動画もUPしておきます。

 

 

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ