虫歯予防はココナッツオイルで

こんばんは

今日はココナッツオイルが虫歯の菌を撃退するという記事を目にしたのでご紹介します。
ここ何十年もの間血栓を作るからと言ってココナッツオイルは避けるようにと言う情報が蔓延していましたが、細菌の研究ではココナッツ油の健康に恩恵を与える事が研究されてきているようです。以前のブログで紹介しましたが、ココナッツ油は代謝のUPにつながるので甲状腺の機能低下症やダイエットに良いそうです。おまけに虫歯菌にも良いそうなので、そう聞くと使ってみたくなりますが、日本では普通のスーパーなどでは殆ど見かけませんよね。やっぱりネットで購入しかないのかしら?

ココナッツオイルの動画を再度貼り付けておきます


ココナッツオイルが虫歯の原因菌を撃退

免疫学の研究

Proteins, Antibodies, ELISA kits, Bulks & Vials, Quality Guaranteed

www.sinobiological.com

(本文訳)

大衆に恐らく動脈の血栓の原因になるとして何十年もの間避けるようにさせてきたが、最近主流科学はココナッツオイルは心臓に優しいだけでなく、他にも健康に利益がある事を証明する研究をしています。最近の研究では、現在はココナッツオイルを摂取する事は歯に良いという事が証明されています。

その理由はなんでしょうか?ココナッツオイルは虫歯の原因菌と闘う事ができる事が、イギリスのワーウィック大学の社会公衆微生物学のオータム・会議で働く科学者たちの最近の研究により明らかにされました。そして更にココナッツオイルは沢山の病気に広く影響を与える事が分かっています。それはとても重要で、その自然の武器は近年増加している抗生物質に耐性を持つ感染症と闘う事が出来ます。

アイルランドのアスローン技術インスティテュートの研究者は、ココナッツオイルの抗菌作用をオイルをいったん消費するとそれがどのように消化され酵素に近いプロセスで働いていくのかを観察する事で調べました。それで彼らはココナッツ油は一旦摂取されストレプトコッカス・ミュータンスを含めたストレプトコッカス株の増殖を抑える事を突き止めました。このタイプの最近は虫歯の最初の原因になります。なぜなら、それは歯にダメージを与える酸を産生するからです。

加えてその研究チームは酵素で処理されたココナッツオイルはカンジダ症やその他の健康上の問題の原因となる酵母のカンジダ・アルビカンスにも抗菌作用が有る事を発見しました。現在科学者たちはいかにココナッツ油がストレプトコッカス菌と相互作用を起こすのか分子レベルでの働きを解明する研究を続けています。そしてそれはその他の有害な細菌や酵母菌を撃退する事が出来るのです。

「虫歯は先進国では多くの成人と60~90%の子供の健康に影響を及ぼしているよく見られる問題です。」とこの研究を率いているダミエン・ブラディ博士は報道声明で言いました。
「酵素処理されたココナッツ油歯科衛生関連の製品に組み込むことで化学添加材に代わる魅力的な製品になるでしょう。特にそれは比較的低濃度で効果を発揮します。また増加する抗生物質の耐性菌に対しても、我々がその細菌の感染症と闘う新たな方法だと注目し気づくことが重要です。

更なる情報はこちらから
For more information:
http://www.naturalnews.com/031403_coconut_oil_colds.html
http://www.naturalnews.com/036028_coconu_oil_health_solutions.html

(訳終了)

では良い週末をお過ごしください♪

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ