認知症の原因は食生活?

こんにちは♪

前回ブログを更新してから1ヶ月近く経っていました〜。1ヶ月って本当にあっという間ですね。所で、先日久しぶりに会った友人と「今何やってるの?お母さん元気?」なんて話をしました。そうしたら、友人のお母さんは腰痛がひどくなって、歩幅が小さくなり「チョコチョコ」歩きになってしまったのが気になり、

あなたの母さんボケてない?

images

 

 

 

 

整形外科の先生に相談をしに行くと、椎間板ヘルニアのオペを勧められ、少しでも良くなるならとオペを受けました。簡単な手術だから、1時間で終わると言われたのですが、オペは中々終わらずになぜか8時間経ってやっとオペが終わったそうです。

なぜそんなに時間がかかったのか?満足な説明もないまま、お母さんが麻酔から目が覚めると、下半身には感覚が無く麻痺して動かなくなっていて、そのまま半身不随状態になってしまいました。医療ミスでした。

友人は医療機関の事を訴える事も考え、明日訴えよう!と、決心してから3日間悪夢を見たそうです。最初は自分の歯が全部抜けてしまう夢。2日目は外がずっと嵐で怖くて外出できなくなってしまった夢。そして3日目はお母さんを殴っている夢。そんな悪夢を見た友人は、訴訟を起こした所で、かえって苦しみが増すだけだと思い直し、訴えるのを止めました。

お母さんの入院は長期に及びました。段々認知症のような症状が出てきて、食事をした事を忘れ「昼食はまだか?」などと言うようになり、自分の年齢を忘れ、友人の事を母だと勘違いし、「お家に帰りたい」と言って、子供のようにずっと泣いていたそうです。

寂しさから友人の所に四六時中電話を掛けてきて、「お家に帰りたい」とずっと泣いていたそう。これには友人も参ってしまい、睡眠剤などの精神薬を処方してもらうようにした所、今では電話のかけ方が分からなくなり、ボケが進んできたとの事。

お見舞いに行っても友人の顔が分からないようになってきたが、ただ電話を執拗にかけてきた時期に比べて友人の日常は取り戻せたので、このままで良いと友人は話してくれました。

私はその話を聞いて友人のお母さんがこのままになってはいけないと思い、とにかく自分の母がボケの世界に片足突っ込んだ所から、戻ってきた経験を伝えました。

母が服用していた高脂血症の薬、例えばスタチン系のリピトールの添付文書の副作用には「健忘症」と書いてある事。また母は風邪薬を熱心に飲んでいたけれども、風邪薬、花粉症などの抗ヒスタミン薬が抗コリン作用を持ってアセチルコリンが減少し、それがボケの症状につながる可能性があり、実際母も虫が見えるなど、レビー小体型の認知症の症状が出ていた事。

認知症の治療薬のアリセプトはアセチルコリンを分解する酵素を阻害して、アセチルコリンを増やし認知症の症状を緩和させる可能性がある薬だけど、添付書類には「認知症の病状そのものを改善はしない。」つまり、効かないって明記してある。事などを一生懸命伝えました。

しかしながら、それを聞いた友人が一言「今認知症が進んで電話もかかってこなくなって、落ち着いているの。少しでも良くなってまた電話がかかってきても困るから、これで良いの。」と伝えてくれました。

それを聞いて私も、何も言えなくなってしまいました。友人のお母さんは四柱推命が得意で、私も開業するときに鑑定してもらい、背中を押してもらいました。まだまだ、そちらの方面で多くの方の人生を変えられるパワーを持った方だったのに・・なんだか寂しく思いました。でもそこまで行くと夢も希望もないですね。友人のお母さんのようになってからでは、手遅れです。出来るなら親も自分も一生ボケずに元気で暮らしたい!と思うのはわがままな願いなのでしょうか?

2025年問題

厚生労働省の試算では認知症患者は2025年には700万人に達すると言われています。

でも薬では病気の進行は止められません。認知症の治療薬としてもっとも良く使われているアリセプトの添付書類には以下のような事が書かれていましたよね。ちょっと復習してみましょう。

認知症症状の進行抑制
**〈効能・効果に関連する使用上の注意〉
アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑 制
1.本剤は、アルツハイマー型認知症と診断された患者 にのみ使用すること。 レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制

1.本剤は、レビー小体型認知症の臨床診断基準に基づ き、適切な症状観察や検査等によりレビー小体型認 知症と診断された患者にのみ使用すること。

₂.精神症状・行動障害に対する本剤の有効性は確認さ れていない。
両効能共通

1.本剤がアルツハイマー型認知症及びレビー小体型認 知症の病態そのものの進行を抑制するという成績は 得られていない。

₂.アルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症以 外の認知症性疾患において本剤の有効性は確認され ていない

 

用途では「軽度および中等度のアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制」と書かれてはいますが、効果・効能に関連する使用上の注意の欄では、「本剤がアルツハイマー型認知症の病態そのものの進行を抑制するという成績は得られていない」とあります。

つまりアリセプトによって一時的に認知症の症状は抑えられたとしても、アルツハイマー病自体の病変は進行してしまうということでしたよね。

薬の服用は対処療法なのです。

では、アルツハイマーを根本的に治療したり予防する方法はあるのでしょうか?

認知症の原因は食生活?

 

認知症は食事で防げるか?ですが、私は食事で認知症は防げるのではないかと思います。

では、どんな食事をしたらいいかですが、答えはシンプルです。

「血液を汚さない食べ方をする」

いかがでしょうか?ちょっと拍子抜けするくらいに簡単な答えでしょ!そうそう物事はシンプルなのです。

では、逆に血液を汚す食べ物は?

糖分の取りすぎ、脂質の取りすぎ、ミネラルを奪う食べ物の取りすぎ、タンパク質の取りすぎ・・

最近認知症は第3の糖尿病とも言われています

アルツハイマー型認知症=第3の糖尿病

 

最近アルツハイマー型認知症は3型糖尿病とも言われています。糖尿病と認知症が関連するという研究も出ています。

 

インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣や運動不足、内臓脂肪過多や肥満が、アルツハイマー型認知症の原因と、最新の研究結果が米国の学会で発表されました。アルツハイマーの成因仮説の3型糖尿病、「脳の糖尿病」とは簡単にいってしまえば以下のメカニズムで起こると言われています。

糖質の過剰摂取

インスリン抵抗性

脳でのグルコースが脳細胞に取り込まれなくなり利用効率が低下して、さらにアミロイドβの蓄積

脳の神経細胞が変性死

アルツハイマー型認知症の進行

それからリーキーガットが認知症と絡んでいるという研究も出てきています♪

認知症とリーキーガット

認知症がリーキーガット症候群と関連しているという論文がPubmedに掲載されています。

アルツハイマー型認知症の患者は、リーキーガット症候群!糞便中のカルプロテクチンが上昇!

(概要)

カルプロテクチンの糞便濃度を、アルツハイマー病(AD)を有する22人の患者において調査し、芳香族アミノ酸の血清濃度と比較しました。カルプロテクチン濃度は、通常範囲(> 50mg / kgの)を超えた濃度±SEMで140±31.9ミリグラム/キログラム平均を16人の患者(73%)で示しました。

カルプロテクチン濃度は、トリプトファン、チロシン及びフェニルアラニン(すべてP <0.05)の血清レベルと逆相関します。糞便カルプロテクチンの濃度の増加は、血液中に必須の芳香族アミノ酸濃度の低下関連性と逆相関にあります。この結果からアルツハイマーの患者は、リーキーガット症候群に罹患している可能性を示唆しています。
(翻訳文終了)

 

ここで、カルプロテクチンという聞きなれない言葉が出てきました。

カルプロテクチン(Calprotectin)とはなんでしょうか?

カルプロテクチンは主に好中球および単球から分泌されるカルシウム結合タンパク質で,Calgranulin A(MRP8)とCalgranulin B(MRP14)からなる複合体です。

糞便中のカルプロテクチンは,消化管腫瘍および炎症性胃腸疾患のマーカーとして注目されています。糞便中のカルプロテクチンの濃度は,組織学的評価および内視鏡評価によるクローン病および潰瘍性大腸炎の病状と顕著に相関性を示しています。

そうなんです、カルプロテクチンは好中球から分泌されるカルシウム結合タンパク質です。
炎症があって好中球が集まって来るとカルプロテクチン濃度が上昇します。

つまりリーキーガットで、血液中に未消化のタンパク質が出てくると、カルプロテクチンの濃度が上昇します。

リーキーガット

谷 智子_2013.12.16_L112

 

これらの画像は前日にフランスパンを一本食いした翌日の、血液中に漏出した小麦の未消化のタンパク質です。そこに白血球が集まり血液中で消化活動の続きをしています。

この好中球から分泌されるのがカルプロテクチンです。

ご覧いただいたようにリーキーガットと認知症には関係性があるという研究結果が出ています。

健康オタク×子育て×経済的自由のコミュニティ

%e5%ae%b6%e6%97%8f%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

 

 

健康オタク×子育て×経済的自由の方の為の
FBのコミュニテイーを立ち上げました★

https://www.facebook.com/groups/430603753730507/

皆さんとご一緒に「健康で豊か」になって行くのが願いです!!

もし、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ😊

■■■こちらのコミュニティーに入るとこんな特典があります♪■■■

・本当に体に良い食べ物とは何かを一緒に検証出来ます!
→血液観察のデータを元にしているので納得出来ます。

・子育て中のママに役立つ虫歯予防や歯並びに関する情報を得られます

・あなたの食事や健康食品が本当に良いか検証したい方は、
コミュニテイーに入って頂くと、血液観察を特別料金1000円で
受けていただけます。

・家族の健康の為に「安全な食べ物を食べさせたい」と考えるママにも役立つ、経済的支援のアイディアとチャンスをご提供

・健康や経済に役立つイベントをいち早くご紹介します

・同じような考えを持った仲間とつながる事が出来ます

例→

・予防接種や薬に疑問を持っている

・安全なものを食べさせたい

・自然な子育てをしたい

・家族の健康の為になる情報を得たい

・自分の夢を追いかけてチャレンジしたい

・好きなことをやって人生を楽しく過ごしたい

それでは皆様のご参加をお待ちしております😊

お知らせ

イベントのお知らせです。

■■■Stop!認知症×豊かさ★あなたと家族の願いを叶えます■■■

2025年問題・認知症バスターズの集い!

「認知症だけにはなりたくない!」
社会のニーズに貢献しながら副収入

スクリーンショット 2016-12-27 22.44.57

 

 

 

 

【新年★認知症バスターズの集い】

船橋健康講座

◼︎日時:1月28日(土)13時15時

◼︎場所:船橋市勤労市民センター

船橋駅から徒歩5分)

所在地 273-0005

千葉県船橋市本町4丁目19−6

電話 047-425-2551

◼︎参加費:無料

「生涯現役で豊かに楽しく暮らしたい!」

誰しもが望む事ですが、人生最後の10年は

入院や介護を受けるのが、平均的な日本人の姿

自分だけでなく、家族や周囲の人にも生涯現役で

豊かに暮らして欲しいと願う、志の高い

あなたに贈る特別なオファーです

振るってご参加下さいませ

◼︎子育て×経済的自由応援プロジェクト主催

◼︎お申し込み:お電話若しくは以下のフォームにてお願いします

★お電話番号

フレンズ歯科クリニック 043-2874182

お申し込みフォーム

 

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ