遺伝子組み換えコーンを食べてピンポン大の腫瘍に苦しむラット

お早うございます

今朝youtubeを検索していて衝撃的な動画を目にしたのでご紹介します。
遺伝子組み換えコーンを与えられたねずみ200匹がピンポン大の腫瘍に苦しむという動画です。不要な動物実験ですよね。この子達も犠牲者です。
今までのGMの安全試験は3ヶ月以内の評価で行われていたけれどもこの腫瘍は4ヶ月目で発生するそうです。科学的なエビデンスって言うけど、実験の仕方(モンサント側がGMの安全線試験で使ったねずみの月齢は意図的に高齢のねずみが使われたりしているそうです。高齢の方が病変の進行が遅いですから)や、期間で全く結果が変わってくるエビデンスって一体なんだろう?怪しいものですよね・・いくらでも結果は企業側にとって都合が良いように操作できると私は思います。

dondominaさん翻訳ありがとうございます。


関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ