遺伝子組み換え作物本格上陸後の日本の近未来

こんばんは

今日は世界の裏側ニュースさんの記事で「アグリビジネスの巨人 モンサントの世界戦略」というドキュメンタリーを紹介して下さっていましたので、ここでもご紹介します。
この動画は2008年にフランスで製作されたもので、1時間30ほどあって長いので、週末やお盆休みなどお時間があるときに是非見てみて下さい。

を支配する事で、全世界の食料を支配しようとするフランケン企業のモンサント社。
この会社が本格的にその国の農業に参入すると、貧困、病、死をもたらします。
インド、メキシコで起こっていることなどを取り上げていますが、恐らく本格的な参入を許すと日本でも同じような事が起きるでしょう。
ではこれを阻止する為に私達に何かできる事が有るのでしょうか?
私は消費行動を変える事がその一歩だと考えています。
是非遺伝子組み換え食品がどんな商品に使われているか確認してくださいね。

これも世界の裏側ニュースさんの記事で載せて下さっていたGMOの商品リストです。
是非覚えておきたいものです。

それから、この写真ちょっとびっくりしませんか?
蟻は人間よりも賢そうです。
人間には危険な食べ物を見分ける能力はなさそうですね。

 ー以下世界の裏側ニュースさんより転載ー

これはバターとマーガリンで実験をした時の写真だそうです。
(ソース 「アリは人間よりも賢いか(英語)」)右上がマーガリン、左下が低脂肪マーガリン、右下がバターです。マーガリンの方が「ヘルシー」でしかも安価なため人気で、スーパーの棚でもマーガリンの方が大部分を占めています。アリも食べないものを私達は食べさせられているようです。

 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ