闇九尾を引き寄せた♪

こんにちは♪
今日は千葉は夏日ですがいかがお過ごしでしょうか?

最近引き寄せの法則についてよく考えます。
また、我が家の長男は引き寄せが上手です。

昨年は小学生の間では妖怪ウオッチブームで一種の社会現象を引き起こしていましたね。そして、そのブームに乗っかり子供を利用して悪徳商法を仕掛ける輩も・・。我が家の長男は単純なので、直ぐにそう言った商法に引っかかり、定価の100倍もの値段になっているレアメダルを求めて、あっちの店こっちの店と渡り歩いていました。またこのレアメダルを買え!と、何度母を脅迫したことか・・(汗)
おかげで妖怪ウォッチ2個とかなりの数のメダルをコレクションしていました。ただ、長男は常にそうした強引な手段を使っていたかというとそうではなく、引き寄せの法則も上手く使っていました。
例えば、妖怪ウォッチが品薄な時には朝8時からヨーカー堂で整理券が配られ、それを手に更にくじに当たると、妖怪ウオッチが手に入るというチャンスが有りました。長男は見事100倍以上の難関をくぐり抜け、晴れて妖怪ウオッチを手にするという事が有りました。また、手に入れたくて仕方が無かった、レアメダルをコンビニで買って、一発で見事引き当てるなんていう事もしばしば・・。
正直息子の引きの強さには、いつも驚かされています。なので、息子を見ていると思考は現実化するって本当だよね~と、思います。息子は常にその妖怪ウオッチやメダルが手に入ることについて何の疑いもなかったのでしょう。
でも私もそうなんですが、願ってもいつでも叶うわけではありませんよね?
ではなんで叶わなかったのでしょうか?
ちょっと思い返してみると、「そうなりたい!」と思いながら一方では「自分はそうなれるはずない!」と、自分自身の事を疑っていませんでしたか?大人は子供ほど純粋でもないですし、社会的な常識に縛られているので、「本当にそうなりたい自分」を仮に描いていた(多くの人が現実に流され、そもそも夢や理想の自分を描くことすらしていないでしょう。)としても、何処かで「そんなのどうせ無理だ」と、その思いにブレーキをかけている可能性が有ります。そうなってしまうと、結局は理想の自分を願っている自分を現実化するだけなので、いつまでたっても理想の自分にはなれない訳です。でも、これも実は冷静に考えれば自分の思いは現実化していますよね!
そうそう、本当は何時だって私たちの思考は現実化しています!
それに気づいたら、今から始めましょう。
まずありありと理想のセルフイメージを作ってみましょう。その時に誰と何処でどんな感情を感じて、何が見えて、聞こえて、体にどんな感覚があるのか?しっかりと五感で感じてみましょう!
セルフイメージの作り方についてはこちらの記事も参考にして下さいませ。
http://xn--cckya2od6fu983ag8xbde7a.com/?p=2640
そして何よりも大切なのは、自分で自分の事を信じることだと思います。「こうなったらいいな~」という弱い願望から「私は必ずこうなる!」という強い確信に変わった時に、私たちの願望が叶っていくのだと思います。
引き寄せの法則に関してわかり易い動画が有ったので、ご紹介いたします。この動画の後半にベルボーイからホテルの支配人になったヒルトンの話が出てきますが、ヒルトンはベルボーイ時代から支配人になる事を信じて疑いませんでした。彼はどんな心構えでいたのでしょうか?詳しくは動画をご覧になって下さい。
あなたの一番のファンはあなた自身です!そして、更に相手がどんな状況にあっても相手の可能性を心から信じて応援出来る人になれたら最高ですね!
PS:息子の後日談ですが、昨日興奮気味に帰宅するなり、「妖怪ウォチレアカードの闇九尾が欲しい!」と叫んでいました。ネットで値段を調べてと言われたので、調べるとカード1枚が1400円しました。「冗談じゃないから」と、突っぱねると夜の間中考えたのか「妖怪メダルを売ったお金で買うからいいでしょう!」と、トホホな事を言っていました。
そんなこんなで今朝は「ダメ!」「欲しい!」の押し問答で、埒があかないまま、職場に向かいました。そして帰宅時嬉しそうな顔をした息子が自転車で坂道を上りながら近づいてきます。「どうしたの?」と、声をかけるとコンビニでたまたま153円で買ったカードが、レアカードの「闇九尾」だったというではないですか!
息子の引き寄せ力恐るべし・・。

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ