隠ぺいされるGMOの真実?

こんばんは♪
今日コメント欄でこんな事を教えていただきました。でもこれに似たような話以前に有りましたよね。こうして真実を追求する研究者は弾圧され、真実は隠されるのでしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/coccolith/e/ada22eaaea2ef74a1f3e554411b4b1fa

「遺伝子組換えにより直接的疑義を投じたのは、イギリスアバディーンのロウエット研究所の高名な研究者アーパド・パスタイの研究である。彼はイギリス政府の要請で、遺伝子組換えを施したジャガイモの安全性を調べた。遺伝子組換え技術に問題ありと考えたパスタイは、テレビインタービューでイギリス国民をモルモット代わりに使うのは極めて不当と発言して関係者の激怒を招き、研究チームは解散、パスタイは解雇された。研究チームの一員が耳にした情報によると、アメリカから圧力を受けた当時のブレア首相から研究所に電話が入ったとのことである。」

(頂いたコメント)

こんにちは。

アメーバ会員でない(メッセージが送れない)ので、こちらのコメントから失礼します。

モンサントのグリホサート(除草剤の1種)耐性コーンを2年間摂取したラットは、通常のラットと比べて癌を発症しやすく寿命が短くなったという論文が(モンサントの圧力で?)撤回になったようです。

科学ニュースの森
「撤回された論文‐遺伝子組み換え作物の害」
http://blog.livedoor.jp/xcrex/archives/65773550.html

フレンズさんがよく引用されていた論文だと思いましたので、こちらでご紹介させていただきました。

科学の森ニュース
2013年12月02日

撤回された論文‐遺伝子組み換え作物の害

元記事:
Study linking GM maize to rat tumours is retracted – Publisher withdraws paper despite authors’ objections, citing weak evidence
http://www.nature.com/news/study-linking-gm-maize-to-rat-tumours-is-retracted-1.14268

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ